スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人間ドックにいってきた
えー、本日、今年の目標でもありました、人間ドックへ行ってまいりました。
前日の夜は9時以降絶食ということで、9時前にごはんたべて、風呂入ってすぐ寝ました。だって、起きてると・・・つらいんだもんっ!
そして、朝何も飲めないのは本当につらい・・・。

いってきました。
採血やら、心電図やら、いろいろやってまいりました。
バリウムも、おなかすいてるしのどかわいてるしで、結構楽勝でした。(笑)
だらおがいってる場所は、レントゲンとかの結果がすぐわかって、最後にその場で写真をみながら説明してくれるのがいいところです。

気になっていたポリープも大きさかわらず、また来年検査にいけばOKとのことでした。
あとは採血の結果を待つのみ・・・。

あと、おどろいたのが、去年はちょっと胃下垂気味といわれていたのですが、今年はすっかり正常位置に戻っていたとのこと。インナーマッスルがついたらしいっす。
これも、ヨガ効果?!
| 家庭の医学(笑) | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年もやってきました・・・
なにがやってきたかというと、そう、

花粉の季節

なのです・・・。

え?早くないかって?
そんなことありませんよー。

もう、くしゃみは連発だし、鼻水もとまらないし。

ということで、病院にいってきました。

飲み薬やら、うがい薬やらいろいろと出されて帰ってきました。
これこそ、薬漬け状態・・・。(笑)


それにしても、早くね?と思う方。
そうなんです、だらおは、実は、強度の植物アレルギーなのです。
「くさむらに入ったらじんましんとかがでてもおかしくないほど」
と、血液検査の結果がでたときに、言われてしまいました。

なので、早くからおそくまで(GWあけくらい)花粉シーズンが続きます。

が、しかし。
今年は強い見方が!!!

去年より量は少ないとのことですが、やっぱり恐怖なので、

1.玄関に花粉ガードを設置
  シュッシュとふきかけてから部屋に入ります。

2.空気清浄機フル稼働
  ほんと、助かります。これがあると全然違う・・・。

3.ダイソンくんの布団クリーナー機能!
  これがあると、布団を干しても大丈夫!
  布団を干した日はねむれなーい!なんてことはありません。

4.加湿器(加湿機?)稼動
  鼻が詰まると、口をあけて寝るようで、のどが痛くなるので・・・。

5.花粉症対策の薬を愛用

これで、今年はバッチリです!!!

あとは、甜茶をのめば言うことなし?!

| 家庭の医学(笑) | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
人間ドックに行ってきた
会社の健康診断をさぼったままなーんもせず、さすがにやばいかなーと思い始めて人間ドックにいってきました。

まあ、たいていやることはどこのドックでもおんなじなんですけど、今回はバリウムが比較的のみやすかったのに救われました。
つらいんだよね、いっつも・・・。

そして、びっくりしたことに、レントゲンやらエコーの結果がすぐその場でわかるということ。
たいていあとから連絡がくるんだけど、そこは、一番最初にお医者さんとの話をするときに、レントゲンやらエコーの写真がバン!と映し出された中でやるんですね。
さすがに血液検査とかの結果はでませんけど、どこがどうだとかその場できけるのは非常にありがたいことです。

今年の結果としては、
・去年言われた胃のポリープは問題なし
・去年言われたたんのうのポリープは今後も要経過観察
・ちょっと胃下垂気味
・低血圧(最初はかったら上が84とかではかりなおしされた結果93だった)
・身長体重等もばっちり標準

そして、体脂肪がでました。
かなり食べてるので、増えてるのかなーと思ってびくびくしながらの測定。
なんてったって、隠れ肥満といわれただらおですから。

そしたら、なんと、減ってました。
まあ、やや高めではありますが、あれだけ毎日食べてて減ってるってのは結構すごいなあと感心。
(感心している暇あればおとすように努力せい!)
まあ、ヨガ効果かなということで。(笑)

ということで、また来年、たんのうのポリープ検査のために人間ドック確定しただらおでありました。


そういや、社長は留任なんだね。
いらんのに。
| 家庭の医学(笑) | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
おとんがガンになった日〜胃癌の再発
一度目の癌の手術後、定期的に病院の検査が行われていました。
でも、何年たっても特に問題はなく、そのまま時が過ぎていきました。
それとともに、だらおもすくすくと成長し・・・。(笑)

そんなある年の春、桜を見がてら出かけた帰りに、たまたま病院によったおとんは、せっかくきたんだから検査していきましょうか?とお医者さんにいわれ、検査をうけて帰ってきたのでした。
そして、○週間後、検査の結果を聞きに行ったときに言われたのです。
「だらおおとんさん、癌の可能性があります。再検査しましょう」と・・・。

その後急ピッチが検査が行われ、やはり胃に癌が再発していることがわかったのです。
ただ、今回はかなりの初期ということで、切開ではなく、内視鏡手術となりました。
手術も軽いものということで、平日だったため、だらおはお休みもせずに、だらおおかんだけが立会いすることになりました。
だらおおかんいわく、
「じゃあ、いってくるから!」
といって、だらおとんは元気に手を振って手術室へすたすたと歩いていったそうです。
それはちょうど午後2時頃だったとと思います。

内視鏡手術は手術時間も短く、麻酔も弱めにかけるようですが、
だらおおとんは、麻酔にかかりやすい体質のようで、
目を開けたときに、酸素吸入器をつけられ、個室にいれられて
いたのに気付いたときは、さすがにおどろいたそうです。
最初に言った言葉、それは、
「おれ、なんでこんなとこ(集中治療室)にいるんだ?」

そう。
内視鏡手術に失敗したのです。

今回の手術でちょっと大きめに癌細胞をえぐってしまったところ、胃に穴が開いてしまったそうです。
ただ、これは結構あるようで、そんなときに、穴が開いてしまった部分を閉じるようにクリップで胃を挟むのです。
が、しかーし。
すでに、前回の手術で胃が半分になってしまっていただらおおとん。
クリップがとまらなかったのです。

すぐおわるっていったのにでてこない、そして、数時間経過後、だらおかんが普段の担当医によばれたのです。
(※内視鏡手術は内視鏡を専門にしているお医者さんが担当します)
実はこれこれこういうわけで、これから至急切開手術を行います・・・と。

あわてただらおおかんがだらおのケータイに電話をかけてきました。
ちょうど午後6時頃。
あわてて病院にむかっただらお。
さすがに慌てました。

手術室があくのをまって手術が行われました。
そんな緊急手術の時は待てども待てどもおわらず・・・と感じるものでした。
結局おわったのが9時過ぎ。
執刀医の説明をうけ、それから、集中治療室にて面会できるようになるまで約1時間。
本当に長い長い夜でした。

そして、面会可能になって集中治療室の廊下を歩いていると、どこからともなく大きないびきが・・・。
みんな、うーうーうなってる人が多いっつーのに、元気な人だなあ・・・と思っていたら、なんと、いびきはだらおおとんの部屋から聞こえていたのでした。(笑)

ずいぶん心配したけど、なんだ、元気なんじゃん!と安心して帰路についただらおおかんとだらおでありました。

翌日、手術後に面会しに行ったことなんて、もちろん覚えているわけもなく、俺、なんでここにいるの?と看護婦さんに聞いていただらおおとんでありました。

そして、手術後は、回復も早く、手術2日後あたりから徐々に歩き始め、約2週間後に退院し、非常に順調に経過したのでありました。

これ以降、手術後にいびきをかいて寝るという伝説?が生まれ、また、いびきをかいて寝ている場合は、何も問題ないとだらお家では判断の材料とされるようになったのでありました。

この癌は検査の結果、1回目のがん細胞とはまったく別のものと判明し、再発というよりは、原発(新しいがん細胞がはじめてそこにできたという意味らしい)だったそうな。
| 家庭の医学(笑) | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
おとんがガンになった日〜初めての人間ドックで
連載?第2回目です。はい。

おとんが初めてガンになったのはだらおがまだ幼い?頃。
お酒もタバコもがんがんのむし、仕事が忙しいおとんの体を心配して、おかんが人間ドックの予約をとって無理やり受けさせたことがはじまりでした。

病院から検査の結果が電話で知らされたそうです。
それも、予定より早く。
家にいただらおかんが電話をとり、その事実を最初に知りました。
結果は胃がん。

このとき、すでにガンは初期と中期の狭間くらいまで進んでいました。
そのため、一刻も早く手術を行うことが必要だったのです。
なにげに小心者のおとんなので、おかんはどうやってそのことを伝えるか悩んだようです。
手術を受けるわけですから、告知をしないわけにはいかないですから・・・。

結局、二人で出かけた車の中で話をしたそうです。
そのときおかんの目には涙が浮かんでいたとおとんがあとで話をしてくれました。

その後まもなく入院し、検査を行った後手術が行われました。
(だいたい入院して1週間くらいだったと思われます)
運のよいことに、主治医(執刀医)は、当時日本で3本の指に入るといわれている先生だったそうです。
今でも、ぼやっとではありますが、夏に真っ白い壁の待合室で手術が終わるのを待っていたという記憶があります。
なぜか、おとんの手術はいつも夏でした。

手術後、おかんは先生に呼ばれ、
「これだけ摘出し、ここの黒くなっている部分がガンの細胞です」
と、摘出した胃をピンセットでつまんで説明されたそうです。

そして、その先生は、毎日病室に顔をだしては、縫った傷口をガーゼでなぞって、そのにおいを嗅いで順調なのかどうか判断していたそうです。
今でもその話がだらお家では語り継がれています。

そして、順調に回復し、退院後は約1ヶ月程度自宅療養をしたのち、仕事に復帰をしました。

胃がんになった人は腸にも転移しやすいということで、手術後の検査ではマメに腸のチェックもしてくれていました。
そして、手術後1年たったときの検査で、腸にポリープができているのが発見され、何かあってからでは遅いということで、内視鏡でポリープの除去を行いました。

その後も定期的に検診にいったものの、特に異常もなく、10年以上にわたって再発することもなく、食べたいものを食べ、お酒も飲み、手術をしたとは全くわからないほど普通の生活を送ったのでした。


今、手術後摘出した細胞を見せてくれる先生っているのでしょうか?
においをかいで判断できる先生っているのでしょうか?
だらおの知る限りではみあたりません。
手術で摘出した細胞は病理にだされて確認され、手術後の経緯はレントゲンに血液検査にCT。
機械?を使用した検査の結果が全て・・・な気がします。

残念ながら当時の主治医の方は高齢のため引退されてしまったそうです。
今もあの先生がいてくれれば・・・と何度思ったことかわかりません。
そう思わずにはいられないほど過酷な状況が待ち受けていたのでした。
| 家庭の医学(笑) | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
おとんがガンになった日〜その1:プロローグ
自分と相方以外をblogで大々的にネタにしようなんて考えたこともなかったけど、最近いろんなことがあって、書くことに決めました。

ちょっとシリアスなテーマなだけに、毎日書くとおもーくなっちゃうだろうし、他にも、旅行や大好きなレイソルやヨガのネタとかいろいろ書きたいので長期スパンでちょっとずつ書きたいと思ってます。

今、病気と闘ってる人の何か励みになればいいなあと思って、書きます。

自分のことではないし、だらおは医師ではないので、すごいことは書くことはできないけど、でも、今もがんばって戦っている(たぶん、一生戦っていくんだと思われる)おとんのことを書くことで、少しでも誰かの励みになればいいなあって思います。

だらおのおとん(略してだらおとん)が最初にガンになったのはもう10年以上前。だらおがまだ幼い頃でした。
そこから始めて(でも、昔のことはあまり覚えてない・・・)今に至るまでと、病院での出来事なんかを今後ちょこちょこと書いていきたいと思います。

| 家庭の医学(笑) | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
あさごはんについて考える
朝ごはん、食べてますか?
だらおは、最近食べるようになりました。

食べるきっかけというのは、大学時代からの親友に「30才過ぎて朝ごはん食べないと、だめな人間になるらしいよー」といわれたからです。
あ、いっておきますが、だらおは30才過ぎてないです!!!

だめな人間?だめな人間ってなにー???
よくわからないけど、だめな人間はいやー!!!
ということで、今のうちからちょっとずつでも食べようと改心したのであります。
で、じゃあ、朝ごはんたべたらどんな効用?があるのかとちょっとググってみました。

朝ごはんを食べるとこんな効果が

その1.噛んで食べることで脳に刺激
その2.胃が動き出して、お通じも改善
その3.ブドウ糖が頭をすっきり目覚めさせて集中力もアップ
その4.体温が上がって、活動的に
その5.低血糖を防いで、いらいらやだるさを予防
その6.胃酸過多が原因となる胃潰瘍を予防
その7.規則正しい食事で肥満防止

だそうですよ。すごいじゃないっすか、朝ごはん。
朝ごはん食べるくらいならその時間寝てたい〜なんていってる場合じゃないっすね。

じゃあ、朝ごはん、なに食べればいいの?と思ったりするわけで、さらに調査してみました。

ごはんとパン、どっちがいいのか?

「ご飯は血糖値の上昇が緩やかで、長時間血糖値を一定に保ってくれる」らしい。(要は腹持ちがいいらしい)
一方パンはというと「血糖値を素早く高めてくれる」らしく、目覚めがよくない人にとっては、パンの方がおすすめらしい。
(食育大辞典「特集:朝ごはんたべてますか?」)

ダイエットにはごはんの方がいいってことよね。でも、朝弱い(低血圧)のだらおにとっては、やっぱりパンの方がむいてるのかもしれません。

でも、朝って、とにかく忙しい!
そんな凝ってるものなんて作ってられないし。(今朝も玄米フレークとかかっこんできただらお)かといって、朝マックもなんだしなー・・・。
なんか、簡単にできておいしいメニューってないの〜?
ということで、さらにググってみると、こんなの発見!

おうち CAFE で朝ごはん

めちゃめちゃおいしそう・・・。
この写真のように作れるかどうかは別として(笑)、週末にぜひぜひチャレンジしてみたいと思います。これみてたら、おなかすいてきた・・・。

そして、こんなものまでありました。
朝ごはん実行委員会
すごいなあ・・・。こんな活動があったのね・・・。
| 家庭の医学(笑) | 11:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>