スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シルクドソレイユ再び!
シルクドソレイユ好きのだらおでありますが、今年は2月の開幕?早々、コルテオをみにいってきましたが、さらに続いて、ZEDを見に行ってきました!

ずっと行きたくて楽しみにしていた、舞浜の常設シアター。
こちら。

photo.jpg

ZEDは、主人公のZEDの成長物語らしく。。。
まあ、正直、それは全く感じることはできませんでしたが。(笑)
ショーの方は本当にすばらしかった!

日本人の方がバトンで出てるというので、それも注目していたのですが、もう、最初から最後まで、圧倒されてきた感じです。
コルテオとはまたちょっと趣きが変わった感じで。
劇場に入ったときは、セットの関係上、ステージ狭いのか?と思ったのですが、はじまってみらた全くそんなこともなく、いろんな所でパフォーマンスが行われているので、どこをみていいのかわからなくなるほど。(笑)

一緒にいったマイ家族は、コルテオよりZEDの方が躍動感があってよかったーと絶賛でした。
あたし的には、甲乙つけがたい感じで、まあ、今回も本当によかったです。
もう1回くらい見にってもいいかなーと思いました。

興味のある方はぜひ。

| その他エンタメ | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラリオン!
えー、いってまいりました。
念願のドラリオン。
チケットとってから、見に行くまでがながかった〜。(笑)

えー、初めてだったのですが、もう、すばらしかったですよ!!!
もう、驚きで言葉にならないっていうかなんというか。
演技?だけでなく、歌も演奏も生なんですねぇ。
サーカスというもの自体はじめてみにいったんですが、子供の頃から想像していたようなサーカスとは違って、もう、あれは芸術ですねえ。
ほんと、感動でした。

個人的には、トランポリンとダブル・トラピス(空中ブランコみたいなやつ)とドラリオンという演目がすきでした。まあ、どれもすごいんですけどね。
もう、ちょっと、すごすぎて、あたしのつたない日本語センスじゃうまく伝えられません・・・。
というか、百聞は一見にしかずというのはこのことだと思いましたよ。
なんか、当日券もちろっとあるみたいなので。
お時間があればぜひぜひ。

ドラリオン オフィシャルサイト

| その他エンタメ | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コンタクトを見た
久々に、劇団四季を見に行ってきました。
見たものは「コンタクト」

「2000年トニー賞で最優秀作品賞をはじめ4部門を制した」とのことで非常に期待して、四季劇場へ。

3部構成になっているこのミュージカル。
PART1 SWINGING
PART2 DID YOU MOVE?
PART3 CONTACT
という構成でした。
メインは第3部で、1部と2部のあと休憩を挟んで第3部でした。

クレイジー・フォー・ユーと同じ男の人が第3部の主演を務めていました。
エースなんですかね、やはり。

ダンスは本と、文句なしにすばらしい!
ただ、正直、なんの前知識もなく行ったせいか、第1部と第2部は、いまいちストーリーが理解できず・・・。
クレイジー・フォー・ユーやオペラ座の怪人の方がストーリーがわかりやすくて、おばかなだらおにはよかったんですけどね・・・。
とても高い?理解度を要求されるものはちょっとしんどいです。

それより、ビラをもらった、「ウィキッド」が非常に気になります。
次は、ウィキッドが、見たいといっていまだにいけてないライオンキングを見に行きたいなぁ〜。

劇団四季「コンタクト」
| その他エンタメ | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
チケットを買いに
えー、本日は、3連休最終日ということで、のんびりすごしました。
で、ちょっとお買い物にいったのですが、そこで、念願のドラリオンのチケットをGETしてまいりました。

サーカス?ですよね?
とっても気になっていて、この間、ネットでとろうとしたんですが、希望の日程で希望の枚数がとれなかったのでした。
で、「ちっ・・・、ネット枠はもういっぱいか・・・。」と思い、チケットぴあまでいってまいりましたよ。

3月いっぱいくらいしかやってないものだと思ってました。
で、3月の上旬の日程でチケットとろうとしたら、もう、いっぱいなんですね。
平日ならあるのかもしれないけど、有休残ってませんから!
ということで、よくよく聞いたら5月までやってるっていうので、4月の上旬の週末のチケットをとってまいりました。

SS席って、11500円もするのねー。
でも、ほとんどSS席ではないですか!
まあ、どうせ見るならSS席でって思ってたからいいんですが。
でも、前の方の席はもういっぱいなんですね。
まあ、でおくれた自分が悪いということで、見にいけるだけよしとするか。

4月が待ち遠しい♪
| その他エンタメ | 21:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
クライマーズ・ハイを読んだ
どうも。だらおです。
最近あまりに更新を怠っていて、近況がわからんぞ!といわれてしまいました。
ということで、本日より、ぼちぼち復活したいと思います。

ちょっといそがしかったのヨ。
いろいろね。

まあ、さておき。
新しくでたポケモンもかわずに、何をしているかというと、本を読んでました。
がばいばあちゃんシリーズと、クライマーズ・ハイ。

ということで、今日読み終わったばっかりのクライマーズ・ハイについてちょっと。

「クライマーズ・ハイ」★★★★★
御巣鷹山に墜落した日航機のあの事件のお話です。
記者悠木和雅が全権デスクに任命され、事件との格闘をメインに、家族(特に息子)、会社(の組織)、意識不明で入院した同僚とのかかわりが1週間、濃厚に綴られている作品でした。
細かいことはこれ以上かきません。まだ読んでない方はぜひ読んでみてください。
久々に、読み応えがある作品でした。



| その他エンタメ | 19:24 | comments(0) | - |
怪しい伝説
今日、朝ごはん兼お昼ご飯を食べながらテレビを見ていたところ、たまたま見たこのテレビ。

ディスカバリーチャンネルの、「怪しい伝説」

どんな番組かというと、いろいろある、真偽が不明の伝説を、コンビが検証するという番組。
しかも、その伝説というのが、かなりくだらない。(笑)

一応、ディスカバリーチャンネルのオフィシャルサイトには、以下のように紹介されてます。

歴史書に登場したり、日常生活に根付いている真偽はともかく、世界にはたくさんの伝説がある。特殊効果専門家として、互いに30年以上の経験を持つジェイミーとアダムからなる伝説バスターズが、毎回3つの都市伝説を検証していく。バスターズは現代科学を用いて、古くからの伝説と現代の伝説が真実なのか作り話なのかを検証し、伝説の真実とは何かを探る。伝説バスターズは伝説をただ紹介するのではなく、厳しくテストする番組だ。


たまたま見たのは以下のような内容。

1.隊列を組んで行進する軍隊の足並みがあまりにそろっていたため、橋が壊れてしまったという伝説の検証。
(橋とロボットを作って再現)

2.モーターボートの代わりに8人乗りの手漕ぎボートで水上スキーができるかを検証。

3.歯ブラシの危険を調査。
(濡れた歯ブラシはバクテリアの格好の棲み処らしい。)

という豪華内容の3本立て。(笑)

かなり、くだらないっていうか、なんというか。
それを、真剣にやるもんだから、かなり笑えました。

ぜひぜひ、一度見てみて下さい。
コレはかなりのヒットでした。

今後のラインナップとしては、

・アルカトラズ脱走
・小説に出てくる殺人手法
・エレベーター墜落伝説

などなどがある模様です。

ナショジオだけでなく、ディスカバリーもかなり侮れないなあ・・・。
| その他エンタメ | 20:11 | comments(0) | - |
禁断の聖書:ユダが残した福音書の衝撃
ダ・ヴィンチ・コード前夜祭とのことで、大好きな、ナショナルジオグラフィックチャンネルで、やってました。

3日間連続での放送。
<シークレット・バイブル 3days>

■禁断の聖書:ユダが残した福音書の衝撃!
■禁断の聖書:キリスト教の歴史を紐解く!
■ダ・ヴィンチ・コード〜真実と虚構の境界線

というテーマでした。

あ、ちなみに、だらおは無宗教です
ダビンチコードはかなり好きですが・・・。

お仕事やらいろいろと用事があってリアルタイムで見ることができなかったのため、すべてビデオ録画をしました。
なので、見終わったのは、まだ、ユダが残した福音書とダ・ヴィンチ・コードの2本のみ。

キリスト教とはなんぞやというよりは、むしろ、なぞを紐解くという科学的検証とか研究家と現代技術でいかに真実を解明していくかという番組として非常に興味深い内容。

しかも、番組の中のユダの役者さん、めっちゃかっこええねん

この番組は、ユダは実は裏切り者ではなかった!という話ですが、マルコの福音書という一番古い福音書の中では、ユダは悪者ではなかったらしいが、書かれた福音書の年代が新しくなってくるにつれて、どんどん悪者になってヨハネの福音書では極悪人になっているらしい。
というか、マルコの福音書の次に書かれたといわれているマタイの福音書では、すでに悪者になっているらしい。
噂話に尾ひれがついて、どんどん大きくなっていくような感じなんでしょうかね・・・。

この、聖書の話から、キリスト教徒の多い国では、ペットにでさえ、ユダという名前をつけることはないとか。ドイツではつけてはいけないと国が禁じているとかなんとか・・・。
へーーーー。って感じでした。

あと、ユダヤ人の迫害は、ここから来ている(ユダ=ユダヤ人)とのこと。
なんか、だらおからみれば非常にばかげてるなーと思うのですが、悲しいことに本当らしいです。
ユダヤ人の虐殺があったドイツの進学者たちは、ユダの汚名返上に力を注いでいるそうな。

福音書に書かれているユダは裏切り者ではなかったというのが衝撃の新事実らしいのですが、キリスト教といっても名前くらいしか知らないだらおにとっては、いまいちピンときません。
イタリアに旅行に行ったときに、絵はみたけどね。
それより、ダ・ヴィンチ・コードの中にでてくる、マグダラのマリアの方が気になります。

それより、発見されたユダの福音書が、どうやって発見されて、現代によみがえってきたのかが非常に興味深かった。
保存状態が最悪の中見つかったため、全体の15%はもう復元できることはないらしい。
あと、パピルスがいつの時代のものかを判定したとか、やはり、なぞを解くのは現代科学なのね〜という感じでした。



| その他エンタメ | 20:22 | comments(0) | - |
| 1/6PAGES | >>