CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ジュリー&ジュリアを見た!そして決心した!
 えっと。
何年ぶりの更新でしょうか。。。

ずーっとほったらかしてました。
全部記事を削除して、またイチから始めようかなと思ってログインしたのですが、
なんかしら検索にひっかかって見てくださってる方がいらっしゃるようなので
(まあ、中身読まれてるのかは不明ですが!)
このまま削除せずに復活しよかなと。。。

今日は、ブルーレイをなんとなくかって、そのまま見てなかったジュリー&ジュリアをみました。
あらすじは、まあさておき。>オイ

気を取り直して、あらすじはこんなかんじ。
1950年頃、パリでフランス料理に夢中になったアメリカ人女性のジュリアが、コルドン・ブルーで料理を学んで、524(だったと思う。。。)のレシピを英語の1冊の本にして出版。(当時、英語で書かれてるフランス料理の本がなかったとか)
それから約50年後のNY。29歳の派遣社員(?)ジュリーが、人生を変えるために365日かけて、ジュリアが書いた524のレシピに挑戦して、その過程をブログにのせるという挑戦をはじめて。。。

というような内容。
まあ、料理をしながら、幸せをみつけるみたいな、ハッピーで、みると、おいしいものが非常に食べたくなる映画なわけです。

主演のジュリアにはメリルストリープ、ジュリーにはエイミーアダムス。メリルストリープはほんとすごいなーと、改めて実感。そして、エイミーアダムスもかわいかった。監督が大好きなノーラエフロンなので、個人的にとても楽しく(一部、最後ひっかかったことが残ったけど)鑑賞。
実話だったのね。最後に知って、へーっと感心。

そーしーて。
おいらの、料理熱にも火がついた訳だ。
1年間で524レシピまではいかなくても、おいらも、料理上達したいし、何かやろうかなと。

ま、仕事の関係で、ほぼ終電の日々も日常茶飯なので、365日毎日自炊というのは、最初から無理な話なんで、自分でできそうな範囲でやってみようかと。

もともと、ものをつくったりするのは好きなので、料理本も結構もってるぞと。
でも、料理本って、全部作るってないんだよね。。。
だって、超偏食児なんだもん。
自分の嫌いなもの、作ろうとおもわないし。。。

ってことで。
その、偏食も、ちょっとでも克服するプロジェクトを始動しようかと。

期間は、ジュリーと同じ365日。
本は、「男子ごはん」!!!
マスターケンタロウのもとで、3冊分計145回分!
ブログ更新していない間にカメラも買ったので、写真も撮りつつ
頑張ってみようかなと。

ただ、この本だけだと、野菜とかたんないんで、なんかもう1冊副菜の本がほしいなあ。
とかなんとか思ったりして。
しかも、結構カロリー高そうなので、ちょっと心配な部分もありますが。(笑)

ま、365日で145回分ならなんとかなるだろう。。。きっと。。。

今年は柏も好調なので、そのネタとかも、ぼちぼち書いたり、自転車ネタもぼちぼち書いたりしながら、1年間、料理上達を目指して頑張りますっ!

えー、とりあえず、1冊目の夏のごはんから攻めようかな。
どれどれ、

うなぎちらし寿司
夏野菜の天丼
冷やし担々麺
・・・(以下省略)

いきなりうなぎ。(泣)
うなぎも苦手で、絶対食べないものの1つなんだけど。
しかも、天丼も苦手。
揚げ物はあまり得意じゃないし、自分じゃ絶対つくらない。。。

どおしよおぉぉぉぉぉ。

いきなり挫折か?!


いや、やるって決めたから、やりますよ。

担々麺、大好きだし。
担々麺にむけて、頑張ります。はい。


でも、今日はもうごはん準備しちゃったから、明日から。(笑)

ということで、明日から、1年間。
3冊制覇を目標に頑張りまーす!


| 映画 | 17:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
やさぐれぱんだ
動物、キャラものに弱いわたくし、たまたまツタヤを放浪していたところ、発見しましたよ!やさぐれパンダ!!!

本は知ってたんですが、DVDが出てたとは!
しかも実写!!!(爆笑)
ありえねえ!とか思いながら、かりてきました。
白版がちょうど貸し出し中だったので、黒、金、銀と3本みましたよ。

パンダの声が生瀬さんで、青年が堺雅人!!!
いまさらですが、だらおのなかで、今、堺雅人があつい!!!(爆笑)
ということで、みましたよ。
いやあ、あの、ゆるーーーい感じが最高ですよ。
このキャストの組み合わせがだらお的には非常にはまりでですね。
いやあ、笑いました。

コントの中に、パンダグッズのネタがあるのですが、普通に、このパンダのぬいぐるみがほしいと思ってしまったのはあたしだけでしょうか。。。
| 映画 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナイトミュージアムをみた
久々にレイトショーにいってきました。

<ナイトミュージアム> ★★★★★
主人公のラリーは現在失業中で、離婚して元妻と共に暮らす最愛の息子はその再婚相手にすっかりなついてしまっている。そんな息子との絆を取り戻すがために、博物館の夜警の仕事をはじめる。
しかし、最初の夜の勤務で、ホールにおいてあったはずのティラノザウルスの骨格標本が消えたことに愕然とするのだが、なんと、それが、ラリーを追いかけ始め・・・。

というストーリー。
春休みの子供向け映画というところでしょうか。

でーもー。
日頃のストレスを解消すべく、笑えるコメディがみたくっていったのですが、これが、予想以上に楽しめたこと!
大人も十分笑える作品に仕上がってました〜。
ベン・スティラー最高。
ロビン・ウィリアムズなんかもでていて、見所満載。
これをみたら、すっかり博物館にいきたくなってしまっただらおでありました。

ナイトミュージアム公式サイト
| 映画 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
イル・マーレをみた
ちょっと前なのですが、思い出したので。

イル・マーレ <★★★★☆>
韓国版イル・マーレのハリウッドリメイク作です。
何が良かったかって、そりゃ主演の二人ですよ。
キアヌ・リーブスにサンドラ・ブロック。
二人とも大好き!
いやあ、目の保養でした。(笑)

韓国版とは、設定が違ったり(職業が違ったぞ)、キアヌがサンドラにちょっかいだしたり(笑)と、こまごま異なってはいましたが、思ったよりは、忠実だったのかなあ?
どっちが好きかといわれると、迷わずこちらをとります。
しかも、レイトショーでいったので、1200円で見たから、余計お得感が・・・。(笑)

その割りに、★4つなのは、解けない謎があったから!
なんで、本が床の下からでてきたの?しかも、あの日に!
もっと前に気付かなかったわけ?
それとも、その日に入れたわけ?
誰か教えてください・・・。

でもまあ、なにはともあれ、あと2,3回は見ても良いかな。
キャストが最高だから!(笑)
| 映画 | 19:31 | comments(0) | - |
プロデューサーズを見た
久々に映画を見てきました。
駅のポスターを見て以来、ずっとみたかったこの映画。

プロデューサーズ<★★★☆☆>

トニー賞12部門を獲得したブロードウェイミュージカルの映画化作品。
というのが、ウリ?のこの作品。
シカゴ以来、ミュージカル作品の映画化って多いですねえ。

それはさておき。
ストーリーはといいますと、かつてブロードウェイの王様といわれたプロデューサーのマックスと、マックスのオフィスに帳簿を調べに来たブロードウェーのプロデューサーを夢見る会計士レオのお話。
帳簿を調べにきたレオが、出資者からお金を集め、ミュージカルを上演し、それがコケれば、配当金を出資者に払わなくてすむため、プロデューサーが儲かるのでは!という事実を発見!
それを聞いて、マックスは、200万ドル出資金を募って、失敗確実のショーを上演すれば、そのお金がすっかり入り込む!とひらめき、レオを口説き落として、連名で、売れないショーを上演することに。
早速準備にとりかかる二人。最低の脚本に、最低の演出家、最低の出演者。
絶対に失敗するはずのショーが、なんと、大成功を収めてしまい・・・。

という話。
まあ、あれですよ。ハッピーエンドはお約束。
気楽に楽しめる娯楽作品であります。

ただねー、やっぱり、歌と踊りをスクリーンでみるのはねえ・・・。
前半は、暇っつーか、なかなか物語にのめりこめなかったといいますか。
となりで相方は寝ておりましたよ。(たたき起こしてみましたが(笑))
やっぱり、ミュージカルは生で見るのが一番かと思われます。
当然のことですが。
あれ、ミュージカルでみたら、何百倍も面白いんだろうなあ。
劇団四季とかでやんないかな・・・。

まあ、ユマが相変わらずびゅーちふるだったということで。

まあ、レイソルが首位で1クール折り返したということで。

| 映画 | 23:58 | comments(0) | - |
Jukeboxを聴いてみた
タワレコにいきまして、視聴して即買いしました。

Jukebox Bent Fabric

81歳のおじいさんが作ってるらしいんですが、
これが、また、メッチャかっこいい!
かなりノリノリです。
CDをPCにいれたら、これまたおしゃれなアニメーションが
音楽にあわせて見れたりして、超超超お勧めな一枚となってます。

JAZZのくくりみたいなんですが、ボーカルは7人くらいの男女が参加している模様で、どれもなかなかGOODです。
すっかり、ヘビーローテーションです。

アマゾンで試聴もできるっぽいです。
興味のある方はぜひ。

| 映画 | 18:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
イン・ハー・シューズを見た
ちょっと前なんですけど、見てきました。
大好きなキャメロン・ディアス。
ということで。

イン・ハー・シューズ<★★★★☆>

靴のサイズと母親が同じということ以外はまったく同じところのない姉妹。
外見はイマイチだけど、エリート弁護士の姉・ローズ(トニ・コレット)と外見だけはいいけどおばかな妹・マギー(キャメロン・ディアス)は、なんだかんだいっても仲良し。
が、ある日、ローズが出張中に家の中やら持ち物をめちゃくちゃにしたため、会社から帰ってくるまでの間に掃除をして荷物をまとめてでていけと言われてしまいます。それに腹をたてたマギーは、ローズの留守中にやってきた恋人(で会社の上司?)とベッドインしてしまいます。そんな最悪のタイミングの中、ローズが帰宅して二人を発見してしまったことから、恋は破局、姉妹の仲も絶縁となります。
でも、行くところがないマギーは、父の机の中からみつけた、今では交流もない祖母のもとへと向かいます。
一方、ローズは気まずいせいから仕事を休職して、ふとした思い付きから犬の散歩の仕事をはじめます。
そこで、それぞれは本当の自分をみつめなおす・・・
というような姉妹二人の成長のストーリーです。

超大作と違って「これは!」というような、すごい盛り上がりも、大きな見せ場もないですが、よくまとまっていてみたあとさわやかな感動がまっているというような感じで、だらお的にはかなりのヒットでした。
こういうの好きかも・・・。

きっと、DVDが出たら買うと思います。

マギーのばかっぷりもすごかったけど、やっぱりキャメロンはかわいいよ・・・。
トニも、本当はえらく美人さんなんですけどね・・・。
役作りで相当体重増やしたようです。


オフィシャルサイト
| 映画 | 16:48 | comments(1) | trackbacks(14) |
| 1/3PAGES | >>