CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
自転車がきた件
えーーー。
以前、ちょっといい自転車を買おうと思って、悩んでるというエントリをたてたかと思いますが、ついに自転車購入しました。
そして、届きました。

結局悩んでいた、ジャイアントでもルイガノでもなく、スペシャライズドのシラスにしました。
かなり乗り心地はよいです。
道に迷いながらですが、20キロを1時間半弱で走れます。
ママチャリと比べ物にならないくらい早いです。

あとは、サイクルコンピュータがほしい今日この頃です。
写真は後日・・・。

SPECIALIZED オフィシャルサイト
| その他SPORTS | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
だらおフットサル初参戦!
今日は初めてフットサルをやってきました。

相変わらず捻挫が完治せず、病院通いのだらおは夕方病院によって、がっちりテーピングをしてもらってからいってきました。がっちりテーピングをしてもらったおかげで、痛みもなく楽しくプレーしてきました。

場所は新京成のくぬぎ山駅から徒歩3分くらいのフットサルコート。
初回ということで、知人がコーチを頼んでいてくれたようで、基礎から学ぶフットサルという感じで初心者でも安心して楽しくできました。(めちゃめちゃ感謝)

まずは、ストレッチをして、何本か軽めのダッシュ。ダッシュといってもふつうに走るだけではなし。レイソル戦をみにいくと、スタメン組がアップの最後にいろんなダッシュ(っていうのか?)しているのとおんなじ様なことをしてきました。へぇぇぇぇ・・・・とか思いながらやってましたが、普段運動不足のだらおは、そこでもう息があがっていてもう大変。(笑)

その後、ボールを使ってパスの練習。フットサルはボールは足の裏でとめたりコントロールするのが基本らしいです。あ、パスとかだすときはインサイドですけどね。
一緒にいった、フットサル経験者の知人も、それは知らなかったようで、それを学んだだけでも今日は来た甲斐があったっていってました。(笑)
そういえば、FOOTIVALで、エメルソンが足の裏の方が自分はボールがコントロールしやすいっていってました。正確だって。それをよんだあと、エメルソンのプレーをみたら、確かに足の裏をつかってとめたり、キープしたりしていたのをみて、ふぅぅぅんって思ったのを思い出しました。
ちなみに、足の裏のほうが、正確にコントロールできるので、あまり下ばかりを見なくても大丈夫なので、視野が広くなるそうです。

その後、7分程度の時間でゲームを何本かやりました。
これがねー、きついきつい。(体力的に)
はぁはぁいいながらやってました。(笑)
見るのは簡単だけど、実際やると非常に大変。普段試合をみながら、タイミングあわねーなーとか好き勝手なことをいってたくせに、本人も全然タイミングあってなかったし。(笑)
非常に大変さが身にしみてわかりました。(笑)
女の子がいなくて、ひとりだったため、同じチームになった方には迷惑をかけてしまいましたが、みんないい人だったし、非常に楽しかったです。
月1位でやるそうなので、来月までに、もうちょっと持久力をつけておかないと・・・と思っただらおでありました。

今日はばくすいだ。
そして、あしたはあんぶろでー。

| その他SPORTS | 01:03 | - | - |
フライングディスクについて考える
フライングディスクなんていっちゃうと、あれですが、いわゆる、フリスビーです。
手軽にできて、面白いですよね。
いろんなかたちのディスクもうっていて、選ぶのにも目移りしてしまいます。

あまり興味はなかったのですが、犬が飼いたくて、飼ったらディスクドック大会にでるのが夢だ〜!と、犬を飼う前に、まずはまっすぐディスクを投げられるようにならねば!と非常に気が早いだらおは、フリスビーを買って、練習をはじめたのでありました。
あ、ちなみに、まだ犬は飼ってません。(笑)

まいディスクは、ディスクドック大会でも使用できるモデルです。犬がくわえやすいようにか、比較的やわらかいので、あたってもそんなに痛くはありません。お勧めです。

THE CORGI WORKS
ここのを買いました。
コーギー好きなんです。コーギーかいたいです。
もちろん、名前は「こぎお」。(うそ。笑)

日本フライングディスク協会
ディスクゴルフとか、いろいろと競技があるんですねー。
練習して、世界大会とか目指してみます?
| その他SPORTS | 20:43 | - | - |
だらおはダイバーその2
だらおが通うダイビングショップで、オープンウォーター講習(※その1参照)が終わらないうちにレスキューのコースまで申し込んだのはだらおが初めてだと言われました。
そう。Cカードをとったといっても、それだけではなく、ダイバーにはいろんなランクがあるのです。ランクは、各ダイビングの団体にもよるとは思いますが、ここではだらおが持っているPADIのカリキュラムについてちょっと説明をしたいと思います。
1.オープンウォーターダイバーコース(OW)・・・いわゆるCカードをとるといわれるのがこれです。
   ↓
2.アドヴァンスドオープンウォーター(AD)・・・OWコースよりステップアップ
   ↓
3.レスキューダイバーコース(RD)・・・安全性を高めるコース
   ↓
4.マスタースクーバダイバー(MSD)・・・レスキューダイバーの資格+スペシャリティで遊びのプロに
   ↓
------------------------↑アマチュア ↓プロ
   ↓
5.ダイブマスターコース(DM)・・・ガイドやインストラクターを目指す人の入門コース
   ↓
6.インストラクター
ざっとあげると、だいたいこのような感じになります。
で、だらおはというと、一番最初のオープンダイバーコースが完了する前に、レスキューダイバーコースまで申し込むという、傍若無人なダイバーランクアップ計画をたてたわけです。なんでそんなことをしたかというと、あくまでも、ADコースまでは、ダイビングを楽しむための最低限のスキルを身につけましょうというような感じなのです。インストラクターといつも一緒に、近くの海を潜っているだけであれば、まあ、それでも十分なのかもしれません。でも、もうすでに、そのときには、海外の海に潜りに行くぜ!という野望があったのです。そのためには、自分のことは自分で責任を持って潜れるダイバーにならないといかんだろう!(いわゆる、セルフレスキューってやつですね。)という信念?の
もとに、ちょっくら頑張ってみようかと滅多にださない本気をだしてみたわけです(笑)
ちなみに、やはり、ある程度ダイブ本数が増えないと、ダイビングスキルが安定しないため、レスキューの講習どころではなくなってしまいます。そのため、ある程度本数を潜ってから講習に臨んだほうがよいようです。
ちなみに、当時のだらおの計画はこんな感じでした。
6月1週目週末・・・学科講習
6月2週目週末・・・プール講習
6月3週目週末・・・海洋実習1回目
6月4週目週末・・・海洋実習2回目 ←祝!OWダイバー
7月1週目週末・・・アドヴァンスド講習(1泊2日) ←祝!ADダイバー
7月3週目週末・・・中性浮力のスペシャリティコース
8月1週目週末・・・ドライスーツのスペシャリティコース
8月3週目週末・・・レスキューダイバーコース ←祝!RDダイバー
かなり、おそろしいほど詰め込みました。(笑)上記のほかに2回くらい、遊びで潜りに行った気もします。
いわゆる、ダイビング漬けの日々を送ってました。
おかげさまで、そんなだらおも今ではMSDという、アマチュアランク最高のダイバーになりました。
次回は講習内容について、もちっと詳しく書いてみようかな。
| その他SPORTS | 23:50 | - | - |
だらおはダイバーその1
いやあ、最近の天気は暑くなったり、寒くなったり。おかげで風邪引いて以来体調が
ったり。おかげで風邪引いて以来体調がわるいまま、いっこうになおりません。こんなんだし、潜りになっていってない。
あー、もぐりたいよーーーーー。

だらおがダイビングの資格をとったのは、えっとぉ、いつだっけ?
2年前?あ、3年前かも。( ̄∀ ̄;)汗
まあ、細かいことはおいといて。
そんなかんじで(どんなかんじだよ!)ダイバー暦もだいぶ長くなりました。でも、1年のうち、半分以上はやってません。だって寒いんだもん。ダイビングに興味をもったのは高校生の頃。テレビで見た沖縄(だったはず・・・)の海の中の映像に感動して、いつかはダイビングをやるんだ!と思い、そこから○年。やっとライセンスを取得。ネットで、ダイビングショップを探して地元のお店で講習をうけました。

ライセンス取得までの流れはこんな感じでした。
1.お店で申し込み。必要な教材を受け取る。
2.学科講習&テスト
3.プール講習
4.海洋講習×2
5.ライセンス取得!!!(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ

まず、お店に話をききにいき、講習の申し込みをしました。
テキストとビデオをお持ち帰りで勉強すること2週間。学科講習とテストをうけに、再びお店へ。えー?テストなんてあるの?という感じかもしれませんが、あります。だって、水中で活動するわけですから、一応、命かかってます。(笑)ということで、きちんとした知識をみにつけましょうということですね。
ちなみに、わたくし学科は非常に優秀で、96点でした。うふ。
その後が、実技。まずはプール講習で基本のお勉強。機材の扱い方とか覚えます。最初は、水中で息をするということに慣れずに、なにげに何度も水の中から顔をだしたい衝動に駆られました。だってしんどかったんだもんっ。
でも、時間がたてばなれます。プール講習の最後のほうは、水深5Mくらいまでもぐりました。乗馬クラブが併設されたプールで講習を行っていたため、プールの窓からは、馬が見えました。水の中から馬見るって、なんか変な感じ・・・。ちなみに、イントラは昔、プール講習で水の中から乗馬する華原朋美をみたらしい。それもまた・・・。
そして、あとは海洋講習×2。×2といっても、2回潜るのではなく、2日分という意味
デス。1日2本潜ります。なので、計4ダイブ。
潜った場所は大瀬崎の前浜と江之浦。初心者向けらしい。最初は楽しむ余裕なんかなく。水圧の影響で、みんな顔が白いよ〜、こわいよ〜と思っているうちに終わった。プール講習で習ったスキル(マスククリアとか緊急浮上とか)なんかも実際に海でやって、4本潜ったら無事Cカード取得。4本潜っても危ないかなーとイントラが判断した場合は補講もあるらしい。
プールではたいして泳げないだらおですが、無事4ダイブでライセンスGETでした。これで、ダイバーの第1歩。水深18Mまで潜れるようになったのでありました。
| その他SPORTS | 23:38 | - | - |
| 1/1PAGES |