スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2050年には??才だ・・・。
今日はとっても面白い?仕事ネタがありました。

月末ということで、うちの相方はだらおと違って保守がメインなので、いつもの夜間処理よりぴりぴりとしています。

が、そんな中、やはりバッチがアベンドしました。

ログを調べた結果、カレンダー(日付)マスタがなかったらしい。

日付はなんと、2050年
しかも、その日付は希望納期の日付らしい。

今月発注かけて2050年に納品って、いったいどんなだよ?!

うちの相方いわく、「2050年って、俺、まちがいなく保守してねーよ」。

そりゃそうだ・・・。

そのうえ、

「この注文情報、注文先にいってるはずだけど、見て信じてんのかなあ?

これは、俺じゃなくて息子の代で納品だ!

とかいってんのかなあ?」

・・・いや、いってないだろ、そりゃ・・・。

相当うけました。
って、SEじゃない人って、この話どれくらい理解できるのだろうか・・・。
(わからない語句があったらSE語で調べてね。全部のせたかなあ?)
| SE語 | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
だらおLINUX 研修中
だらおはIT関連のお仕事をしているので、たまには研修なんかもあったりします。
今週はLINUX研修中だったりします。
朝ぎりぎりにいったら、一番前の席しかあいてなくて、午後は眠くて死にそうでした。(笑)

たいがい研修って、テキストひらいて、話聞いて〜という感じが多いのですが、今回は実習が多いので、なかなか面白い研修になってたりします。
でも、眠くなるときは眠くなるのよ!!!

本やら専用テキストやらが山積みになっていたので、寝るのは時間の問題かと思ったら、朝から、サーバーのインストールしたり、手を動かすことが多くて、しかも、一番嫌いなパッケージのインストールとかアップデートを散々やらされたので、だらおにとってはためになる研修だったことは間違いありません。

前もって一冊テキストを渡されました。
ホントに読んでほしいLINUX入門
(1680円・税込)
という本です。
ぱらぱらとなかをみたら、読んだことあるような記事だなーと思ったら、前にちょっとリナックスワールドなる雑誌をかってたことがあったのですが、そこの記事のいいとこどり?みたいな感じでした。

見た感じでは結構よい感じなので、これからLINUXをさわっていかなきゃいけないんだけど、という方にはお薦めです。
っていっても、一般ユーザではなく、システム管理者向けなのであしからず。

だらおは普段はもっぱら設計とか開発がメインで、必要に応じては、インストールとかのセットアップ作業をやるくらいで、いわゆる開発チームといわれるところに属しているので、運用とかサーバ保守・管理はやりません。
でも本当は、ネットワークとかセキュリティまわりに興味があるので、明日の研修のテーマになると思われる、クラッキング対策とか、たまりません。(よだれがでちゃう?)
ということで、今年はレイソルネタのあいまに、その辺のこともかいていこうかなーとおもっていたりします。

| SE語 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
SE語について考える4
またまたSE語。

ライブラリアン・・・ソースファイルなどを管理したりする人。
図書館司書ではありません。大人数で開発したりするときにいないと困ります。まあ、CVSとか使ったりもするけどね。リリース管理とか、困るし。

ABEND・・・アベンド。Abnormal end からの造語。
異常終了。処理(プログラム)が、実行中にエラーがおき、そのまま終了してしまうこと。
(類)おちる
<例>「もしもし。お疲れ様です。××です。」
「お疲れ様。どうしたの?」
「月末処理、アベンドしました。」
「・・・。」(ガシャン。ツー、ツー、ツー。)←電話きってみた。(笑)

C/O・・・カットオーバーの略。(care of、consist ofの略ではない)
システムがお客(ユーザー)さんに現場で実際に使用されるようになること。
(類)サービスイン、本番稼動
<例>「C/Oいつなの?」
「10月1日。」
「来週じゃん。まにあうの?」
「いや、来年の・・・」(そんな長いプロジェクトはいやだ・・・)

ISP・・・InternetSurfingProjectの略。(就職試験によくあるアレではありません)
仕事が無くて、就業中にネットサーフィンをしている人のこと。
<例>「○○さんって、今どこの仕事してんの?」
「ISPだよ、ISP」(あたしも、ISP希望で・・・ってオイ!)

ON中・・・オンライン稼動中のこと。
<例>「ON中バッチがこけたんだよ。」

PM・・・ProjectManagerの略。(午後ではなし。)
<例>「あそこのプロジェクト、トラぶったらしいよ。」
「え?PM誰なの?」

ゼロわり・・・割り算で分母に0がくること。
プログラム作成時、割り算で0(ZERO)でわると想定外のエラーが発生してしまうため、非常に気を使うのです。そのため、たいてい、割り算の分母に0(ZERO)がくる場合は、解は0(ZERO)、それ以外の場合は、実際に割り算を行うというような処理を行ってます。
<例>「動作確認終わりました。」
「割り算あったよね?ゼロわり対応はやった?」

SE語、募集中。
| SE語 | 23:30 | - | - |
SE語について考える3
SE語、再び。

サマる・・・サマリーするの略。合計する。足し算する。
<例>「ここの、売上金額合計って、なにをだせばいいんですか?」
「課税合計と非課税合計と免税合計と消費税をサマってだしといて」

しへん(仕変)・・・仕様変更の略。
システムの要件が変更になること。
<例>「え?なんで締日すぎてるのにキャンセルできるようになるわけ?」
「仕変だって」

ちょんプロ・・・ちょっとしたプログラムのこと。
お客さんにおさめるようなものではなく、ちょっとしたプログラム。プログラムの検証や、データの検証などに使用するために作ったりすることがある。
<例>「オランダから伝送データとどきました。」
「オマエ、検証用にちょんプロつくっといて。」

バグる・・・バグがあること。バグがあて、プログラム等がうまく動かないこと。
自分で作ったプログラムなどに使用しますが、それ以外でも使います。結構なんでもこわれてたりして、それがプログラムで制御してそうなものの場合は使っちゃいます。
<例>「ゲストの皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、本日ぷーさんのハニーハントはシステム不安定のため、ただいま運転を見合わせております。運転再開の見込みはまだたっておりません。」
「えー?とまってんの?」
「バグってんだよ、しょうがない」
「そりゃそうだ」
(↑実話(笑))



| SE語 | 23:19 | - | - |
SE語について考える2
だらお的SE語を続々紹介。その第1回目。

おちる・・・異常終了すること。
処理が異常終了するときの他に、端末やソフトが異常終了する場合にも使用。
(類)1.アベンド 2.こける
<例>1.「バッチがおちたから、これから会社戻るから。」
2.「あ、なんか、エクスプローラーがおちた」「それ、ソフトあげすぎだよ」

・・・帳票のこと。
紙といってもただの紙ではありません。そう。帳票のことです。
4半期ごとに出力される、会計の帳票とか、そういう類です。画面でみるのではなく、紙に出力されたもののことをいいます。
(類)リスト
<例>「ちょっと、そこ、紙でてるかみてくれる〜?」

ググる・・・Googleで検索すること。
エンジニア御用達サイト、GOOGLEにて、検索すること。やっぱり、検索エンジンはGOOGLEが一番だよね。と思う。
(類)ネットで探す
<例>「先輩、すいません。これがよくわからないんですけど。」「ググった?」
「まだです。ググってみます。」

こける・・・失敗すること。
1.ジョブが異常終了すること。2.プロジェクトが失敗すること。
決してころぶことではありません。いわゆる、失敗したときに使用します。
主にふたつの意味で用いられます。
プログラムの実行で失敗したときと、プロジェクトなどが失敗したときに使用します。同じ失敗でも、試験に失敗したときなどには使用しません。
(類)1.アベンド 2.火をふく
<例>1.「さっきなおしてたバッチながしたら、こけた。」
2.「○×のプロジェクト、こけたらしいじゃん」「トップがあれじゃあね・・・」

コピペ・・・コピーアンドペーストの略。
ドキュメント、プログラムなど、コピーしたものを貼り付けて作成できそうなものを作成時に使用。
<例>「ごめん、急ぎで、追加であと2本プログラム作ってほしいんだけど」
「え?まじですか?」「大丈夫、大丈夫、こないだのコピペでいけるから。」


世の中のSEのみなさん、そして、SEではないみなさんもSE語、大募集です。
おもいついたら、ぜひご一報ください。
| SE語 | 23:09 | - | - |
SE語について考える1
SE語。それは、普段当たり前のように使っているけど、実はあまり一般的ではない言葉。

そう気付いたのは、ある日同期の友人と某大型家電量販店で買い物をした時。
「新しいUSBメモリかっていきたいんだけど・・・」
「あ、あたしも買う買う!」

(売り場にて)
「これのさあ、64(ロクヨン)がよくない?」
「あー、本とだー。これの64(ロクヨン)にしよう。」
「でも、なんか、128(イチニッパ)しかなくない?聞いてみよっか?」
「だね。(まわりの店員を探し、声をかける)あ、すいませ〜ん!」
「はい。なんでしょう?」
「あの〜、これの128(イチニッパ)じゃなくて、64(ロクヨン)のがほしいんですけどぉ」
「・・・」(店員反応なく、固まっている)

この店員は聞いていないのか?!失礼な!
とりあえず、丁寧に言い直して再度チャレンジ。
「あのですね、これと同じ型で、128M(ヒャクニジュウハチメガ)じゃなくて64M(ロクジュウヨンメガ)のものがほしいんですけど」
「ああ、すいません。このタイプはここにでてる128M(ヒャクニジュウハチメガ)しかないんですよ」

もーしーやー。64(ロクヨン)って、通じないの?
ひと昔前?の任○堂64っていうゲーム機だって、64(ロクヨン)っていってたじゃん!
なんなの、なんなの〜?!

もしや、あたしが異常なのだろうか?
世間のSEの皆さん、そう思ったこと、ありませんか?
これらの言葉は世間一般に認知されているのだろうか・・・?
| SE語 | 23:05 | - | - |
| 1/1PAGES |